ホーム > インプラントについて > 義歯を含むインプラント

義歯を含めたインプラント治療

Case1  歯周病・インプラント・義歯・審美修復

歯周病・インプラント・義歯・審美修復


歯周病・インプラント・義歯・審美修復1

全顎的に歯周病が進行した50代女性の初診時の口腔内写真とパノラマX-ray写真です。上顎はほとんどの歯が保存不可能で、患者様とご相談した結果、上顎は可徹性義歯、下顎はインプラントを含めた固定性修復治療を行う事になりました。
 

歯周病・インプラント・義歯・審美修復3

治療後7年の状態です。審美的にも良い結果が得られております。
 

歯周病・インプラント・義歯・審美修復4歯周病・インプラント・義歯・審美修復5
 

歯周病・インプラント・義歯・審美修復6

治療終了後7年の口腔内写真とパノラマX-ray写真です。上顎はマグネットを用いた義歯です。発音と快適性を考慮して、口蓋部をなるべく覆わないデザインにしました。右下には2本のインプラントが埋入されております。経過良好で、現在もメンテナンスに通院して頂いております。

Case2  インプラント義歯

インプラント義歯Case2  インプラント義歯

60代後半の女性です。10年前に全顎的な治療を行いメンテナンスに通院して頂いておりましたが、
下顎の義歯を支える2本の歯が破折し抜歯となりました。もともと顎堤は高度に吸収しており、安定して噛むためには新たな義歯の支えが必要です。そこで2本のインプラントで支えるインプラント義歯を新調することになりました。


 
インプラント義歯2インプラント義歯3

下顎左右犬歯部にGBRを行い、2本インプラントを埋入。インプラント周囲には角化組織の獲得も行いました。特殊な装置をインプラントに取り付け、義歯を支えるようにしました。写真は治療8年の口腔内で、左の写真は、義歯をはずした状態です。現在も安定して食事ができ、患者様も喜んでおります。


 

Case3  歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復

歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復2

47歳女性です。全顎的に歯周病が進行し、特に下顎の歯はほとんどが保存不可能な状態です。多数歯にわたり病的な歯の動揺が認められ、ほとんど噛めない状態です。また、口元を見せたくないようで、会話する時も手で口を隠してしまいます。患者様は、将来にわたり安心して楽しく食事ができることを望みました。話し合いの結果、上顎は義歯による可撤性の修復、下顎はインプラントによる固定性の修復となりました。


歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復3歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復5
 

歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復6歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復7
 

歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復
 

歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復10歯周病・GBR・インプラント・義歯・審美修復11

治療後の状態です。上顎の保存可能な歯は、歯周外科(切除療法)により歯周ポケットの改善後、義歯を支えるために根面版として利用しました。マグネットをつけることで義歯の安定を図り、口蓋部を大きく開けることで快適性も得ることが出来ました。また下顎はGBR後インプラントによる固定性修復を行いました。口元も審美的で、全く義歯であるようには見えません。
患者様は、安心して楽しく食事ができるようになり、大変喜んでおります。また審美的にも
満足されたようで、歯を見せて笑うようになりました。