ホーム > インプラントについて

インプラントについて

当院におけるインプラントの位置づけ

当院におけるインプラントの位置づけ

当医院でのインプラント治療の位置づけは、大切な天然歯をサポートするための1つのオプションと考えております。歯周病により歯を支える支持骨を失うことにより、通常の噛む力に対しても歯は耐えきれず動揺するようになります。その上本来28本の歯で負担しなければならない噛む力に対し、歯を失うことにより残されたそれぞれの歯にかかる力は増し、負担過剰によりまた歯を失うという悪循環へとつながります。

現在よく行われている部分入れ歯やブリッジによる欠損修復治療は、失われた歯の近くに存在する歯に噛む力を負担させる方法で、その結果さらに歯を失う結果につながる可能性が高くなります。失われた歯の部分にインプラント治療を行うことで、力を負担する能力は増し、残存歯の負担は軽減されます。重要なことは、単にインプラントを入れることではなく、天然歯を可及的に削合することなく噛む力を分散してそれぞれの歯にかかる負担を軽減することにより、生涯にわたり安定して噛む能力を維持することなのです。そこでインプラント治療はとても有効な治療法であると私たちは考えております。

インプラントの利点

インプラントの利点

大切な自分の歯(天然歯)を失った場合、その歯が請け負っていた機能を補う治療法として、これまで部分義歯(入れ歯)やブリッジ(固定性の金属の架橋冠)などが利用されてきました。しかし、これらは、失った歯の近くに存在する歯に失った部分の噛む力を負担させる方法で、土台となる歯が負担過剰になりそれらの歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。また、ブリッジの場合、土台となる歯をかなりの量削らなければなりません。

これに対し、インプラント修復はチタン製の人工歯根を顎の骨に外科的に埋め込み、天然歯のような機能性と審美性を取り戻す治療法です。インプラントの最大の利点は、インプラント自体が噛む力を天然歯以上に負担することができる点です。この治療法の利点は、他の歯を削らないで行うことができるばかりか、他の歯の噛む力の負担を軽減することができます。そして、違和感のない自然な噛み心地と見た目を取り戻すことができます。

ブリッジ(Br)・部分義歯(P.D)・インプラント(IP)の利点・欠点の比較
 BrP.DIP
機能性
審美性◎又は○△又は×
清掃性◎又は○
負担能力△又は×
歯の削合×
治療期間×
治療費×
外科処置の有無◎又は○×

欠損修復には3つの修復方法があります。上記のように、それぞれ利点・欠点が存在します。最終的に何を優先して何を犠牲にするのかで、治療法は決定されます。
どの方法が最良なのかは、患者様の描いた治療結果により異なります。

BIOMET 3i インプラントについて

あい歯科では、アメリカのBIOMET 3i社製のインプラントシステムを導入しております。世界第3位のインプラントメーカーで、信頼性の高い製品を安定して日本に供給しています。詳しくはBIOMET 3i のホームページを参照して下さい。
また、当医院の院長 藍浩之は、BIOMET 3i社のMentorでBIOMET 3iJapanの公認インストラクターでもあります。東京や大阪での5-D Japanの講習会の講師として歯科医師に歯周治療やインプラント治療を講義しており、このインプラントシステムに熟知しております。
このインプラントは2回法のシステムです。

インプラントの役割

インプラントの役割
BIOMET 3i Implant
負担能力を向上させるために

インプラントは、チタン製の人工歯根です。外科的に顎骨に埋入して2~3ヶ月待機することで、インプラントの表面と骨が結合します。この現象をOsseointegrationといいます。一度インテグレーションしたインプラント体は簡単にはずれることがなく、長期的に口腔内で機能することが出来ます。このチタンと骨が結合する現象を利用したものがインプラント治療です。
例えば歯科治療を家のリフォームに例えましょう。家の柱がシロアリにより侵食された際、それを取り除くと重い屋根を残された柱にみで支えなければなりません。他の柱に十分屋根を支えるだけの負担能力があれば良いのでしょうが、もしそうでなかったとしたら、新しい柱を追加しなくてはなりません。例え通常の状態では問題なくても、大きな地震や強い台風に見舞われたら、恐らく家は倒壊するでしょう。

虫歯により歯の強度を失い、歯周病により歯を支える歯周組織が崩壊すると歯の保存は困難となりなす。不運にして大切な歯を失った際、ブリッジや部分義歯のように残された歯に負担をかける治療法では長期的な安定を得られない場合があります。そこで新しい強度のある柱(インプラント)を追加することにより、重たい屋根(強く噛む力)を残された柱(残存歯)と追加した柱(インプラント)で支え合うことにより、長期的に安定させる方法がインプラント治療です。

健全な歯を削合しないために

例えば転んで上の前歯を1本折ってしまい、抜歯したとしましょう。失った歯の両隣が負担能力のある無傷の健全歯だった場合、治療法としては①両隣の歯を削合してブリッジを装着する、②部分義歯を装着する、③インプラント治療を行うという3つの方法があります。それぞれ利点・欠点が存在しますが、通常上顎前歯部のような審美領域に見栄えの悪い部分義歯を好んで入れる人はいません。ブリッジなら審美性の確保はできますが、失った歯のために健全な歯をたくさん削らなくてはなりません。もし健全な歯を削らなければ、その歯は生涯健全なまま維持できる可能性があります。しかしながら一度でも削れば、必ず問題を起こします。一度でも歯に人工物を介在させると「人工物の寿命」「介在させた人工物と歯との接着の劣化」という2つの問題が時間の経過とともに表面化し、再治療する時が必ず訪れます。つまり歯科治療のほとんどが、過去の治療のやり直しなのです。そこで失った歯の部分にインプラント治療を行うことにより、歯を失う前と同等の機能性と審美性を取り戻せるばかりか、両隣の歯も無傷で維持できるチャンスが生まれるのです。
上記のようにインプラント治療は不必要に歯を削ったり、他の歯に過剰な負担をさせなくても良い治療法なのです。