ホーム > 予防歯科・メンテナンスについて

メンテナンスの重要性

予防歯科・メンテナンスのイメージ

治療終了後、改善されたお口の状態を長期的に維持させるためには、病状の再発を未然に防ぐ必要があります。お口の中に問題が発生した場合、それには必ず理由(原因)が存在します。しかし病状の初期段階では、ほとんど自覚症状がなく、気づいたときにはかなり病状が進行・悪化しております。
治療後の健康な状態を維持するため、そして新たな問題を未然に防ぐためには、メインテナンス(定期的な歯科医院でのお手入れ)が必須であると、我々は考えております。
もともと歯周病が進行してしまった特定の部位には、それなりの理由があり(例えば清掃しにくい歯列や場所、角化歯肉の幅が小さく薄いなど、上手に清掃できない条件や環境など)、今後安定して維持していくには上手に磨けているか否かでその将来性は左右されます。一般的に、治療に通院して頂いている間、患者様方は努力して磨いておられます。しかし、治療が終了して来院が途絶えると、ほとんどの方はブラッシングが下手になってしまいます。それは治療によりお口の問題が解決され、痛みや不都合もなく食事ができるようになったため、安心してしまっているのでしょう。しかし考えてみてください。もともと若い頃、何の問題もなかったお口の中が、年齢(時間)と共にいろいろな問題が生じてしまったことを。それは歯周病や虫歯になってしまった状態を結果放置したからではないのでしょうか?

年齢と共に歯の本数が減少する傾向にあります。しかし老化で歯を失うことはないのです。病的な状態を放置した結果なのです。歯を失ってみなさん後悔していますが、再び同じことを再度繰り返してしまうのです。そして、いずれ後戻りできない状態へと病状が進行し、多くの歯を失う結果となります。
何の問題もなかった若かりし頃のお口には決して戻ることはできませんが、治療により再び取り戻した健康(機能性や審美性)を将来にわたり維持していくには日々の手入れが重要であることは言うまでもありません。しかし、それだけでは不十分なのです。


歯周治療やインプラント治療後、取り戻した健康なお口を守るためには、歯科医院でのメインテナンス(プロによるお手入れと検診)がとても重要な役割を果たします。