ホーム > 自家歯牙移植

自家歯牙移植

歯を失った時、お口の中に不必要な歯が存在する場合(例えば親知らずや歯列から完全に逸脱した転位歯など)、その歯を抜いて失った歯の部位に移植を行う治療法を自家歯牙移植といいます。この治療法の利点は、他人の臓器移植のような拒絶反応が起こらないことです。自分の体の一部である歯を利用するため、拒絶反応や感染といった問題はありません。そして高い成功率を誇ります。しかし、移植する予定の歯を抜歯してみないと、移植歯に相応しい歯か否かを最終的に判断することができません。そして、移植された歯の寿命は10年と言われています。逆に言うと、10年維持できたら自家歯牙移植は成功といえます。