ホーム > インプラントについて > 審美性の高い上顎前歯部

審美性の高い上顎前歯部のインプラント

高い審美性が要求される上顎前歯部のインプラント治療
上顎前歯部におけるインプラント治療は、高い審美性と機能性(発音など)を考慮しなければなりません。そのためには、残存歯の骨レベルに合わせたGBRの必要性と共に、インプラントの埋入ポジションや軟組織の再建がとても重要です。綿密な治療計画に則り行うことが必要です。

Case1   インプラント・審美修復

Case1   インプラント・審美修復
20代の男性です。学生時代の部活中、バットが右上1番の歯にあたり折れ、差し歯による歯冠修復がされていましたが、過去に何回も脱離しては再装着を繰り返していたそうです。今回また脱離して当医院に来院されました。歯根は縦に破折しており、保存は不可能です。右上1番の歯を抜歯してブリッジによる欠損修復も考えましたが、健全な隣在歯を削らなくてはならないため、患者様は隣在歯を削らずに行えるインプラントによる修復治療を選択されました。


インプラント・審美修復2インプラント・審美修復3

治療後2年の状態です。抜歯即時でインプラントを埋入し、GBR法による骨造成と上皮下結合組織移植による軟組織のマネージネントも行いました。天然歯とインプラントによる修復の見分けが付かないほど、審美的に調和した治療結果を得て、患者様は満足されております。


 

Case2  インプラント・GBR・審美修復

Case2  インプラント・GBR・審美修復

Case2  インプラント・GBR・審美修復1

50代の女性です。上顎前歯の審美障害(出っ歯)を主訴に来院しました。もともと咬み合わせが低く、上顎前歯が下顎前歯を覆うような骨格的上顎前突です。右上2にはサファイア・インプラントがかなり傾斜埋入されており、左右1 1は歯根が極端に短く動揺しています。埋入方向の悪い右上2のインプラントを除去し、上顎1 1は抜歯して、新たにインプラントを2本埋入しインプラント・ブッリッジによる固定性修復治療を計画しました。上顎は前突と深い咬み合わせの改善をするため矯正を行いました。インプラント埋入と同時に垂直的および水平的なGBRを行いました。


Case2  インプラント・GBR・審美修復3
 
Case2  インプラント・GBR・審美修復4
 
治療後の口腔内写真とパノラマX-ray写真です。全顎的な治療を行い、機能性と審美性の両方を向上させることが出来ました。

Case3  インプラント・GBR・審美修復

Case3  インプラント・GBR・審美修復
50代男性の初診時のパノラマX-ray写真です。上顎前歯を失い、他院からのご紹介で来院されました。左上12も歯根が短く動揺していて保存困難です。また、右上4はブリッジの歯台となっていますが、歯根破折を起こしていて抜歯しなければなりません。患者様は、会話をするお仕事をされており、審美的要求も高く、インプラントによる固定性修復治療を計画しました。
 

インプラント・GBR・審美修復3

保存困難な右上4と左上12抜歯後の口腔内の状態です。欠損部顎堤は、高さと幅を失っております。チタンメッシュを用いたGBRを行った後に、右上2部と左上1部に2本インプラントを埋入しました。右上54部には、サイナスリフトと水平的GBRを行い、同時にインプラントを2本埋入しました。
 

Case3  インプラント・GBR・審美修復2

 
Case3  インプラント・GBR・審美修復5

治療後3年の口腔内とパノラマX-ray写真です。残存歯とインプラントが調和した審美的な結果が得られ、患者様は満足されております。

 

Case4  インプラント・GBR・審美修復

Case4  インプラント・GBR・審美修復インプラント・GBR・審美修復2

62歳男性。全顎的な歯周病により、多数歯を失っております。また、残存歯を支える支持骨も吸収し、ほとんどの歯を保存することが出来ない状態です。嘔吐反射(ヘドが出そうになる状態)が強く、今まで義歯を使用したことがないようです。患者様は、上下顎に固定性による修復を望まれました。


インプラント・GBR・審美修復4インプラント・GBR・審美修復5

治療終了後2年の状態です。全顎的にGBRによる歯槽堤の増大および上顎洞拳上手術後にインプラントを埋入しました。上顎の保存できた歯には、切除療法による歯周ポケットの改善後に、メタルセラミックによるブリッジを装着しました。清掃状態も良く、増大された骨や軟組織も安定しております。現在1か月毎のメインテナンスに通院して頂いております。


 

Case5  インプラント・GBR・審美修復・矯正

Case5  インプラント・GBR・審美修復・矯正Case5  インプラント・GBR・審美修復・矯正2

40代女性。右上の#11、#12は歯根破折のため保存不可で、インプラントによる審美修復を計画しました。顔貌に対し噛合わせが右下がりとなっているため、矯正治療にて顔と調和した歯列の改善も行いました。



Case5  インプラント・GBR・審美修復・矯正3Case5  インプラント・GBR・審美修復・矯正5

治療後の写真です。顔貌と歯列の関係が大幅に改善され、インプラントと歯肉との関係も良好でとても健康的で自然な笑顔を取り戻すことが出来ました。#11、#12のインプラント以外の天然歯は、矯正にて歯軸と位置の改善を行った以外に修復処置は行っておりません。天然歯とインプラントの調和した関係により、とても審美的な結果を得ることが出来ました。


 

Case6  インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法


インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法2

42歳女性。全顎的な歯周病の治療を希望され、あい歯科に来院されました。上顎の前歯は自然に脱落したようです。思春期の頃から歯周病が発病し、20歳までに右下の大臼歯を失っていたようです。侵襲性歯周炎という若年者で発症する歯周病で、急速に歯を支える歯槽骨が失われる病です。
患者様と相談の結果、上下顎にインプラントによる固定性修復を行う事となりました。


インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法3

インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法4

上顎の歯槽骨は大きく失われております。保存できる歯は歯周再生療法でポケットの改善を行いました。また長期的に安定した噛合わせを得るために全顎的な矯正治療も行いました。
 

インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法1インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法
 

インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法3インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法4
 

インプラント・GBR・審美修復・歯周再生療法5

終了後の状態です。歯周病により大きく失われた骨を全顎的に再建し、インプラントを埋入しました。天然歯とインプラントが調和した、高い審美性と機能性を達成しました。治療期間はかなりかかりましたが、患者様が積極的に通院して頂いたその努力が生み出した結果です。